« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の3件の記事

2016年4月30日 (土)

2016年4月の月間走行距離

2016年4月の月間走行距離は

215km

でした。

今月は、戸田・彩湖ウルトラマラソンで70km走った割には、今ひとつな距離でした。
ウルトラマラソンがあると、大会前は「調整」と称してサボったり、大会後は「やりきった感」からだらけた気分に陥ったりして、普段の走行距離が短くなる傾向にあるようです。

2016年4月25日 (月)

川の道 「お役に立てれば」情報

今年の川の道が、いよいよ5日後に迫って参りました。
最近、マラソン大会などで、川の道に今年初出場される方から(ときには何度も川の道に出場されてる大先輩の方からも)「ブログ見たよ!」などと話しかけて頂き、川の道の話をさせて頂く機会が増えてきました。
また、このブログでも川の道に関する記事に多くのアクセスを頂くようになってきました。
そのようなわけで、まだハーフ1回、フル1回しか走ったことのない未熟者ではありますが、また本番差し迫った時期ではありますが、多少なりともこれから川の道に挑まれる方の参考になればと、去年のことを必死に思い出しながら、お役に立てそうなことを書いて参りたいと思います。
(記憶違いのこともあるかもしれませんので、ご容赦ください。)

はじめに、私の走力など…

まずは、どの程度の走力の者が言っていることなのかがけっこう重要かと思いますので、フル出場時点における私のマラソン記録・マラソン経験、フル本番でのタイムなどを紹介します。

マラソン記録
  • フルマラソン:4時間12分(サブ4達成してません!)
  • 100kmマラソン:12時間15分(サブ10なんて夢のまた夢!)
マラソン出場歴
  • フルマラソン:4回
  • 100kmマラソン:2回
  • 小江戸大江戸:2回(1回リタイヤ、1回完走)
  • 川の道後半ハーフ:1回
フルでのタイム
  • スタート〜こまどり荘:約32時間(午前9時〜翌午後5時頃)
  • こまどり荘〜小諸グランドキャッスル:約22時間30分(午後10時過ぎ〜翌午後8時半過ぎ)
  • 小諸グランドキャッスル〜鹿渡館:約31時間30分(午前2時頃〜翌午前9時半頃)
  • 鹿渡館〜ゴール:約29時間30分(午後1時過ぎ〜翌午後6時半過ぎ)

走る服装

次に、走ったときの服装を紹介します。

昼間
  • 上:Tシャツ(マラソン大会の参加賞のもの)
  • 下:着圧タイツ(モンベル・サポーテックライトタイツ)+短パン
  • 足:3足千円の五本指靴下(薄手)
夜間
  • 上:長袖下着(モンベル・ジオラインL.W.シャツ)+Tシャツ
    三国峠の長野県側だけ、加えてライトシェルジャケット(午前3時〜)
  • 下と足は昼間と同じ

役に立った物など

次に、持って行った物で、特に約に立ったと思う物を紹介します。

携行品編
  • GPSウォッチ
    ペースや距離を把握するのに、必須です!(と個人的に感じてます。)
  • 予備の時計
    GPSウォッチの電池切れに備え、念のために予備としてランニング用の軽量腕時計を持って行きましたが、実際に2度電池切れがあり、持って行って助かりました。
  • スマホ&地図アプリ(MapFanのオフライン地図を使用)
    コースに自信がなくなったとき、何度も救われました(笑)。
  • ミニ・バインダー
    チェックポイント通過時間記録用に、小さなサイズのバインダーを持って行きました。100円ショップで売ってます。
  • リップクリーム
    三日目ぐらいから唇の日焼けがひどくなるので、必携です。
  • 歯磨きセット
    私、たまに無性に歯を磨きたくなることがあるので、歯磨きセットを携帯して正解でした。
ドロップバッグ編
  • サンダル
    何となく「使うかも」程度で持って行ったのですが、こまどり荘で、コテージと風呂・トイレの往復に屋外を通るため、そこで大いに役に立ちました。
  • 大容量モバイルバッテリー
    携帯やGPSウォッチの充電用。レストポイントで、コンセントを探したりする手間が省けます。
  • 「交換セット」
    「物」ではありませんが、レストポイントでのサプリ・消耗品類の補充や使用済み品の回収などの作業は、きっと頭が働かなくなっていて思うようにできないだろうと、極力「アッセンブリー交換」的作業のみで行えるように準備していきました。実際頭が働かなくなってたので(笑)、これが大正解!
持って行けば良かったなと思った物
  • 厚手の靴下
    今年のコースでは関係ありませんが、三国峠では小石が靴の中に入ってくるので、厚手の靴下持ってきたら良かったなあと思いました。

レストポイント情報

次に、レストポイントで記憶に残っていることを紹介します。

こまどり荘
  • 風呂やトイレに行くには、屋外を通る必要があります。
  • トイレは和式です。
  • 宿泊コテージには水道(流し台)があって、コテージ内でハイドレーションの給水等が可能です。
  • 到着したときだけでなく、出発前にも、食堂で食事(カレー)をもらえました。さらに、おかわりも頂きました。
小諸グランドキャッスル
  • 食事は出ません!
  • なので、少し手前のコンビニで食べ物を買うのですが、タイミングが悪いと食べ物全滅です(全滅でした)(笑)。
    友達や家族が応援に来ている場合、買ってもらっておくといいかもです。
  • 確か、ホテル内に、カップ麺の自販機があったような・・・
  • 風呂は、入口から入った後、さらに脱衣所・風呂場まで階段を上ります(笑)。
鹿渡館
  • トイレは和式です。
  • トイレ(大)には鍵がかかりません。要ノック!
  • 風呂は、洗い場の一つからお湯が出なかったような・・・
  • 寝室(大部屋)に行くまで、けっこう階段を上ります(笑)。
  • 食事は、到着時はカレー、出発時はうどんを頂きました。

コース情報

最後に、コースに関し記憶に残っていること、その他参考になりそうなことなどを、思い出せる限り紹介します。

スタート〜こまどり荘
  • 笹目橋までは、トイレも水道も豊富。私設エイドも豊富(感謝)。
  • 彩湖エイド以降、たしか水道がなく、トイレも激減してたような。ただ、私設エイドは何か所もありました(感謝)。
  • 新上江橋以降、トイレほとんどないっぽいです。
  • 本田空港の所に、ジュースの自販機があります。私はその手前で水が枯渇したので、ここに助けられました。
  • 鳥羽井沼公園にトイレがありますが、紙はありません。
  • 大芦橋エイドでは、カップ麺をいただきました。
  • 長瀞トンネル過ぎた先、1km弱の所に、運動公園があって、トイレがあります。
  • 上野町交差点手前にある道の駅ちちぶ、「ちちぶの水」が気持ちいい!
  • ループ橋を超えた先からトンネルがいくつも出てきますが、暗いので、ライトを使った方が良いでしょう。
こまどり荘〜小諸グランドキャッスル

(今年はコースが違うようですが、参考まで・・・)

  • 三国峠、埼玉県側はそれほど寒くないけど、長野県側はめちゃくちゃ寒い!(なお、こまどり荘を夜10時過ぎに出発、三国峠は午前3時過ぎに通過しました。)
  • 川上村には、そこかしこで用水路に冷たい水が流れていて、足をつける(アイシングをする)とチョー気持ちいいです。
  • 国道141号では、道路の所々にチョークで矢印が書かれてますが、おそらく別のイベントのやつなので、惑わされないよう。
  • 長戸呂東の先、歩行者用信号が押しボタン式のものがあるので、気付かず「あれ〜なかなか青にならないな〜」とならないよう注意!(なりました)
  • 小諸グランドキャッスルでの食べ物調達は、直前のセーブオンだけではなく、念のためその一つ前のセブンイレブンも見ておいた方が良いかも(枯渇してました 笑)。
小諸グランドキャッスル〜鹿渡館
  • 私事ですが、坂城のあたりで限界を感じ、しばらくボロボロ泣きながら進んでました(笑)。
  • 更埴ICのあたりや、その先の稲里西交差点で地下道を通る際、方向感覚がおかしくなるので(なりました)注意!
  • 東和田交差点は、実際の道路が地図の印象とちょっと違って感じられるかもしれません。「国道18号に突き当たって左折」という感じで進むのが良いと思います。
  • 柳原北交差点から約2km先に、私設エイドを出してくださる方がいらっしゃいます(感謝)。ビールもあるとか何とか・・・
  • 浅野交差点に、私設エイドでおしぼりを出してくださる方がいらっしゃいます(感謝)。
  • 私事ですが、浅野交差点から約6km先、替佐交差点手前のセブンイレブンは、個人的にお気に入りです。
  • 飯山駅を過ぎて皿川交差点で国道117号に入り左側歩道を進むと、約1km先で側道に入っていってしまうけど、そのまま進むとまた国道に戻れます(一応、国道に戻ることを意識しながら進みます)。
  • 私事ですが、飯山を過ぎたあたりから後半ハーフの選手に多く会うようになりましたが、皆様口々に「フルに出てる人はすごい!」などと褒めちぎって下さって、おかげさまで疲れも忘れ大変いい気分で進むことができました(笑)。
  • 津南町に入ると、「しかわたり館」「次の信号より車で5分」という看板が出てきますが、あたかも次の信号で左折して5分で到着と勘違いしそうな表示になってるので、惑わされないでください(私は2年連続惑わされました 笑)。
  • 鹿渡館方面に左折するポイントは、チョークで矢印が書かれてて、しかもスタッフの方が立って案内してくださったので、迷うことなく進めました(感謝)。
鹿渡館荘〜ゴール
  • 私事ですが、魚沼橋の約4km先、関越道越後川口IC近くにあるヤマザキデイリーストアは、個人的にお気に入りです。
  • そこから10kmほどで、和田様私設エイド(感謝!)です。
  • 私事ですが、十日町交差点から長岡駅方面に分岐するのですが、このあたりで正しくコースを進めているかどうか自信がなくなりました・・・が、「きっと正しいはず」と自分を信じて進みました(笑)。
  • 中之島見附ICを迂回する部分は、道に迷う選手続出なので、要注意! セブンイレブンのある角を曲がった先に、国道8号新潟市方面に上がる狭い小道があるので、それを見落とさないように進めば大丈夫でしょう。
  • 私事ですが、中之島見附ICを過ぎて2kmほど進んだあたりで、再び限界が訪れ、またしてもボロボロと泣きながら進みました(笑)。
  • なおこのとき、足の裏の一部に激痛が生じるようになり、とても歩けない状況に陥ってしまったのですが、試行錯誤の結果、「走らないといけないけど激痛は生じない」という進み方が見つかり、以降は歩き無し(走るか止まるか)で進むこととなりました(笑)。
    (ちなみに、念のためにロキソニンを持参していたのですが、このときはロキソニンの存在をすっかり忘れてました。笑)
  • さらに私事ですが、大野畑の橋を超えた先にあるマクドナルド、去年のフル、一昨年の後半ハーフいずれも、ここで完走を確信しました。というわけで、ここのマクドナルのにはかなり思い入れがあります。
  • 日本海「川の道岬」からホンマ健康ランドまでは、道が分からなくなりがちです(なりました)。

なお、今年は既報のとおり抽選に外れましたので、どこかで私設エイドを出して選手の皆様を応援させて頂きたいと考えております。
選手の皆様はどうぞ頑張って&楽しんでください!

2016年4月12日 (火)

第11回(2016)戸田・彩湖ウルトラマラソン

先日の土曜日、4月9日は、戸田・彩湖ウルトラマラソン(70km)に参加してきました。

この大会は、エイドで提供される食べ物が、おにぎり、豚汁、うどん・そば、シチューなどと、実に充実しているところが、大きな魅力となっております。


おにぎりを頬張りながら進むの図

そのようなわけで、今回も「完食(笑)」を目指して進むのですが・・・なぜだか、5周くらいしたあたりから、食欲が減退して、何か食べ物を口にしたり、甘いものを飲んだりすると、気持ちが悪くなるような状態に陥りました。
この日は暑かったので、久しぶりの暑い中での運動で水分調整がうまくできなかったせいなのか、はたまた昨日酒を飲み過ぎたせいなのか(笑)。

そのせいもあってかどうなのか、40kmくらい進んだあたりからは、すっかりやる気も失せてしまって(笑)、制限時間ギリギリでも・・・いや、別に制限時間過ぎてもそれはそれでいいかとばかりに、かなり歩きを入れての進行となりました。

そんなこんなで、制限時間9時間の約15分前に、何とかゴール♪


ゴール風景


完走証

・・・なんだか、後半だらけっぱなし(笑)ではありましたが、終わって振り返ってみれば、何だかんだ言いながら完走できたこともあり、なかなか楽しい一日でした。
ただ、完走と同じくらい目標にしていた「完食」を果たせなかったことだけは、まことに残念!

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

無料ブログはココログ