« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の4件の記事

2016年6月30日 (木)

2016年6月の月間走行距離

2016年6月の月間走行距離は

180km

でした。

・・・うーん、ちょっと中だるみな感じの距離ですね(笑)。

2016年6月29日 (水)

第3回(2016)土佐乃国横断遠足

もう1か月もたってしまいましたが、先月下旬、5月27日から29日にかけて、「第3回土佐乃国横断遠足」という、高知県の室戸岬から足摺岬までの242km(60時間制限)の超長距離イベントに参加し、55時間ほどで何とか完走できました!

(要綱)
>> http://tosa242.blog.fc2.com/img/20151224083401822.jpg/

この大会は、よさこい祭り発祥の地・高知を、東の岬から西の岬まで横断するとあり、第1回大会開催時からかなり興味を持っておりました。
またこの大会、開催中は主催者のFacebookページに実況がこまめにアップされるので、そういう点も楽しく、かなり魅力を感じておりました。
なお、この大会の制限時間、60時間と他の同じような距離のイベント(川の道ハーフ、萩往還など)と比べ比較的長めに設定されているため、数字上はけっこう余裕があるように感じられ、貧脚な私にとってはそこも魅力の一つであったのですが、実際に走ってみたら、コースにアップダウンが多く、想像を遥かに超える過酷さがありました・・・というか、ちょっと舐めていたかもです(笑)。

というわけで、5月27日午前9時、いよいよスタートです。
242kmの旅が始まります。


室戸岬の中岡慎太郎像からスタート!

初日の天気は快晴・・・マラソン日和とも言えるかもしれませんが、晴れた南国土佐は、暑いです!
スタート時、ハイドレーションに水を1リットルほど入れておりましたが、それが10kmももたずに空になってしまうほどでした。


エイドのかき氷が助かります!

すっかり日が暮れた、午後9時半頃に、約80km地点のエイド・桂浜公園に到着。


桂浜公園のエイドでは、1時間ほど大休止

桂浜のエイドで、他の選手が、天気の話をするのが耳に入ってきましたが、どうやら、深夜から雨が降り出しそうだとのこと。
・・・実は、前日に見た天気予報では、雨が降るのは最終日である5月29日の午後からで、それまでは雨の心配がなさそうだったので、雨具は150km地点のレストポイントに運ばれるドロップバッグに入れて、リュックには入れておりませんでした。
そして、深夜2時頃、約100km地点の土佐市街地のあたりで、嗚呼果たして、この話のとおり、雨が降り出してきやがるではありませんか。
まあ、降り始めの頃は、まだ小雨程度で良かったのですが、3時頃から雨脚が強まってきて、いやはや、たかだか100グラムをケチって雨具を入れなかったのは大失敗だったと、反省しきりです(笑)。
とりあえず、ちょうど睡魔もやってきたこともあり、ここで雨宿りを兼ねて一旦仮眠をとることとしました。起きた頃には雨が弱まっていることを期待して・・・
・・・が、1時間たって目が覚めても、相変わらずの降りのままだったので、もう諦めて出発することとしました(笑)。

仮眠を終えての走り始め、雨が肌に当たるとちょっと寒かったので、撥水機能も期待しつつウィンドブレーカーを着て出発したのですが、あっという間に雨がしみ込み、あまり意味のないことに(笑)。
幸い、ちょっと走ったらすぐに体温が上がり暖かくなったので、ウィンドブレーカーを脱いでTシャツ1枚で走ることとしました。

そうこうしているうちに、2日目の午前9時頃、へんろ道の「添蚯蚓坂(そえみみずざか)」に差し掛かりました。
ここから5kmほど、未舗装路、というかほとんど登山道といった感じの道を進むこととなります。
この時点で、約130kmを踏破しているので、さすがに足の裏などに強い痛みを感じるようになっていたのですが、山道に足を踏み入れたら、あら不思議、足の痛みがすっと軽減するではありませんか。
トレイルランニングをやってる人から、舗装路ばかりだとつらいという話を聞いたことがありますが、なるほど、こういうことかと。
もちろん、山道で急な登りなどもあったりして、体力的にはキツいのですが、痛みが軽くなったおかげで、意気揚々と進むことができました。

2日目の昼、午後1時頃に、ようやく約150km地点のレストポイントに到着♪


ちなみに、せっかく高知でのイベントということもあり、鳴子を持参して参加しました。
よさこい人としては!

ここでは、建物内で、ご飯を頂いたり、シャワーを浴びたり、仮眠をとったりすることができます。


食事には、カツ丼を頂きました。うまい!
さらに、出発時には、カレーライスを頂きました(笑)。

レストポイントでは、仮眠4時間を含め、5時間ほどの休憩をとり、そして午後6時頃、いよいよゴールの足摺岬に向けて、最後の約90kmの行程に出発します。
雨は相変わらず降り続いておりますが、ドロップバッグから雨具をゲットしたので、もう大丈夫です。

そして最終日の午前7時頃、約200km地点の四万十大橋に辿り着き、残り約42km・・・フルマラソン1回分・・・を残すのみとなりました。


最終エイド・四万十大橋エイド

四万十大橋を過ぎたあたりから、降り続いていた雨も小康状態となり、ひょっとしたらこのまま雨があがってくれるかも? ・・・と淡いというか甘い期待を抱いたのですが、しばらくしたら、また降りが戻り、さらにはかなり強い降りになってきやがりました。


午前10時頃、約215km地点「最後のコンビニ」に到着
この頃には、雨はすっかり強い降りに。。

ただ、もう、全歩きでも余裕でゴールできる感じになっていたので、とにかく前進し続けさえすれば完走できるとばかりに、雨のことなど気にも留めず、淡々と、そして黙々と歩き続け、最終日午後4時頃、無事にゴールすることができました。


鳴子を鳴らしながらのゴール♪
よさこい人としては!

ちなみに、ゴール地点は足摺岬のジョン万次郎像のある所なのですが、そこに辿り着いたらすぐゴールではなく、一旦岬の展望台に上り、そこで岬と太平洋を堪能をしてから(!)、再び像の所に戻ってきて、ようやくゴールという、何とも趣向が凝らされたものとなっております(笑)。

ゴール後は、主催者の車で、後夜祭会場(?)の区長場に行き荷物の受け取り→ホテル足摺テルメに連れて行ってもらい入浴→区長場に戻り後夜祭参加、という流れになります。
後夜祭では、ビール飲み放題、料理もふんだんにあり、また選手の方々からいろいろな話を聞くことができ、大変楽しく有意義なひとときを過ごさせて頂きました。

2年前から憧れ続け、ようやく出場した土佐乃国横断遠足、大会スタッフ、選手、私設エイドや応援の方々など、多くの皆様のおかげで、想像を遥かに超える実に楽しい3日間を送ることができました。
まことにありがとうございました!

2016年6月27日 (月)

よさこい楽曲、100曲突破!

先日、自作よさこい楽曲を紹介するウェブサイトを更新しまして、公開楽曲がついに100曲を超えました!

(よさこい楽曲紹介ページ)
>> せがわのほめぱげ

暇で暇でしょうがないときにでも、聞いてやって頂ければまことに幸いでございます。

ここのところ、年間数曲程度しか作っておらず、しかも年々才能の枯渇を強く感じるようになってきており、いつまで続けられるか分かりませんが、オーダーしてくださるよさこいチームがある限り、頑張って楽曲制作に励んでいきたいと思います。

2016年6月11日 (土)

湘南よさこい2016

先日の日曜日、6月5日に、昨年に引き続き楽曲を提供させて頂いたチームが3チーム出場されるとのことで、湘南よさこい祭り2016の見物に行って参りました。

当日は、朝から祭り終盤まで雨に降られるという生憎の天候ではありましたが、どのチームも雨を吹き飛ばす勢いの熱演をされ、今回も大いにお祭りを楽しませて頂きました。

また今回は、楽曲提供させて頂いたチームの一つ、音ら韻さんが、ステージパフォーマンス部門で第3位を受賞されました。

Prize
おめでとうございます!
湘南よさこい祭り2016 コンテスト結果発表より

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

無料ブログはココログ