« 第1回(2016)みちのく津軽ジャーニーラン(3) ついにゾンビと化す(笑) | トップページ | 2016年7月の月間走行距離 »

2016年7月28日 (木)

第1回(2016)みちのく津軽ジャーニーラン(4) ようやくゴール!

<< 前回 CP8(159.1km)まで

CP8を出発後ほどなく、再び広大な田圃の中を通る果てしない道が、視界に入って参ります。
ゴールまで残り40km弱・・・フルマラソンにも満たない、幾度となく走ったことのある距離・・・そうは頭の中で分かっていても、なかなかそれが現実として受け止められません。
広大な景色と相まって、「ゴールは、依然はるか彼方・・・」としかとらえることができません。

ただ、CP8で若干長めの休憩をとったせいか、先ほどまでのような気持ちの落ち込みはありません。
ゾンビ状態(笑)も解消されております。
こういう状況のときは、距離や時間のことは意識せず、ただ淡々と足を前に出し続けるに限ります。
ときおり足裏に激痛が走り、その都度リタイヤの誘惑がむくむくと頭をもたげてくるのですが、「足を一歩進めれば、ゴールが一歩分近づいてくる。」と頭の中で念じ、少しずつでもゴールに近づいていることを信じながら、黙々と、足を進めるのであります。

そんな忍耐の進行を3時間ほど進めたあたりで、ようやくCP9の10km手前、ゴールまで残り約20kmの地点に辿り着きます。
この段階で、CP8で計算したタイムよりも少々余裕があったので、ちょっと長めの小休止をとることとしました。
ふと、そういえばVESPA を持っていたなあと思い出し、この過酷な状況を打破してくれるかもとの期待を込めて、飲んでみました。
そして、再び走り出して、10分、20分、30分と経過するのですが・・・一向に効いてくる気配がありません!
どうも、VESPAでもどうにもならない程の状況に陥っていたようです(笑)。
(・・・いや、実のところ、「何か」(!)に効いてて、そのおかげで進み続けられたのかもしれませんが。)

VESPAの効き目が一向に実感できない中、1時間半ほど、リタイヤの誘惑を含む様々なものをガマンしながら足を進め、ようやく次のCPの1kmほど手前、黒石駅周辺に到着しました。
この先は、次のCPである「黒石津軽こみせ駅」まで、何か所も交差点を曲がるコースとなっているため、道を間違えないよう頭を使わねばならぬ分、気が(疲労が)紛れ、かえって助かります。
そしてほどなく、CP9黒石津軽こみせ駅に着きました。


CP9 黒石津軽こみせ駅(189.2km)

一つ前のCPから30km、いやあ長かった!(けっこう涙)
実のところ、ここに着く直前まで、リタイヤのことがずっと頭の中にありました。
しかし、ここまで来たら残りはあと10kmちょっと。
到着時間は15時25分で関門時間の1時間25分前、残り時間4時間半強、これだけ余裕があれば、十中八九時間内完走が可能・・・ここに来てようやく、ゴールできることを現実のこととして認識することができました。
ちなみに、津軽こみせ駅では、ご当地B級グルメの「つゆ焼きそば」を頂きましたが、これがチョーうまかったです!

時間にけっこう余裕ができたようなので、つゆ焼きそばを食べつつ、少し長めの休憩をとって、15時50分にCP9を出発。
足裏は相変わらず痛いのですが、ゴールまで残りわずかとあって、ついさきほどまでしつこくつきまとっていたリタイヤの誘惑もどこかに消え去り、ウィニングランよろしく、高揚した気分で、最終区間を進んで参りました。

途中で、私設エイドらしきものが視界に入り、夏の虫が飛んで火に入るがごとく、近寄って行きます。
飲み物を頂きながら話をしてると、どうやら、このエイドを出されたのは、リタイヤした選手の方々のようで・・・
・・・私だったら、リタイヤしたらふて腐れて家で寝ているところです(笑)・・・リタイヤ後も選手サポートとして大会に関わって頂けるのは、ものすごくありがたいことと、少々涙ぐみました。
ちなみに、飲み物を頂いている最中、「いやあ、39時間もあるからと舐めきってました!」「私も〜」みたいな話で盛り上がりました(笑)。

その後、最終CPである田舎館村役場前(194km)に16時42分に到着。
そして18時4分に、ついに、ついについに、念願のゴールを果たすことができました!

「あー、終わったー、きつかったー!」
「もう走らなくていいのが何より嬉しい!」


7月18日18時4分、37時間4分22秒でゴール

今大会、想像を絶する過酷な思いを致しましたが、それでも無事に完走できたのは、スタッフ・ボランティアの方々を始め、応援・支援を頂いた多くの皆様のおかげと強く思っております。
まことにありがとうございました!

なお、ゴール後は、ゴール地点にある百貨店内の風呂で入浴できるのですが、風呂屋に入った先でさらに階段を上らなければならず、「うお、この後に及んで!」となりました(笑)。

:実際、初の小江戸大江戸200kでリタイヤしたときは、そそくさと家に帰ってフテ寝してました(笑)。

« 第1回(2016)みちのく津軽ジャーニーラン(3) ついにゾンビと化す(笑) | トップページ | 2016年7月の月間走行距離 »

ウルトラマラソン」カテゴリの記事

みちのく津軽ジャーニーラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1回(2016)みちのく津軽ジャーニーラン(4) ようやくゴール!:

« 第1回(2016)みちのく津軽ジャーニーラン(3) ついにゾンビと化す(笑) | トップページ | 2016年7月の月間走行距離 »

無料ブログはココログ