« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の4件の記事

2016年9月30日 (金)

2016年9月の月間走行距離

2016年9月の月間走行距離は

349km

でした。

雁坂峠越え秩父往還で145km走ったのもあり、なかなかの稼ぎでした。

来月は、予備自衛官招集訓練で体力測定が行われるので、良い記録が出せるよう頑張りたいと思います。

2016年9月22日 (木)

第19回(2016)雁坂峠越え秩父往還、完走しました!

9月18日(日)から19日(月)にかけ、第19回雁坂峠越え秩父往還145kmに参加し、時間内(24時間以内)完走を果たすことができました!

実のところ今大会、当初は、時間内完走できる自信は全くありませんでした。
何しろ、これまで24時間で145kmを走れたのは、コースがほぼフラットな小江戸大江戸200kのみ。
アップダウンがあり、しかも山道まである今大会のコースを、小江戸大江戸と同じようなスピードで踏破するのは、まず無理だなと感じていたのであります。

そして、実際スタートしてみると、最初のロード35km区間は計画通り進めて良かったものの、続く山岳区間では、何日も続いた雨天の影響か、試走会の時にもあった「滑って止まれない」区間が多数存在し、かなりの時間をとられてしまいました。
山岳区間を過ぎた先のチェックポイントで、計画から1時間遅れ・・・これは、もう時間内完走は諦め、準完走(26時間以内の完走)に照準を切り替えた方が良いか・・・そう考えるまでになりました。

しかし、心のどこかで「やっぱり時間内完走したい」と思い続けていたせいか、その後ゴール10km手前まで良いペースで走り続けること・・・言い換えれば「頑張りを保つこと」・・・ができ、徐々に遅れを挽回し、ついには、冒頭にも書きましたとおり、24時間以内の完走を果たすことができました。
いやはや、超長距離は、やはり「気持ち」が大切なんだなと、改めて実感いたしました。

ちなみに、調子良く走れたのが「ゴール10km手前まで」だったのは、ゴール10km手前の時点で「もう歩いても制限時間に間に合う」と気付いてしまい、急に心がだらけてしまったからであります(笑)。
そのようなわけで、最後の10kmは、だらだらと歩き、無駄にコンビニに寄り道したりしながら進み、ゴールを迎えたのでありました(苦笑)。

2016年9月16日 (金)

雁坂峠越え秩父往還の準備 ・・・リュックが重い!?

この3連休、雁坂峠越え秩父往還に出場するのですが、走る際の装備品の準備があらかた整った所で、興味本位に、装備品の重さを量ってみました。 すると・・・

総重量(水含まず):2,055g

・・・むむむ、水なしで2kg、水を入れると3kg! 何だかけっこう重いように思えます。
いらない物は入れていないと思うのですが。。

ちなみに、装備品の内訳は、次のとおりです。

・リュック(ポーチ、ハイドレーション、点滅等装着状態)
   →1,075g

・ライト類(ハンドライト、予備ライト、予備電池)
   →274g

・携帯電話・データ用スマホ
   →251g

・サプリ類(ショッツ2本、カロリーメイト2本、アミノバリュー5本、ベスパ)
   →171g

・雨具など(雨合羽、ウィンドブレーカー、手ぬぐい)
   →163g

・記録用紙セット(記録用紙、バインダー、ケース)
   →71g

・その他(薬、お金など)
   →50g

ちなみに、リュックは小型のものに変えると600gになるので、500g近くの減量になります。
使いやすさを考えると、大きめのリュックの方が断然良いのですが、重さの違いをこう数字で見てみると、少々使いにくくても軽い方がいいのかなあとも思ったり(笑)。

2016年9月 1日 (木)

2016年8月の月間走行距離

2016年8月の月間走行距離は

285km

でした。

8月は、距離もさることながら、雁坂峠越え秩父往還に向けた坂道・山道練習、予備自衛官招集訓練に向けた1kmインターバルなど、内容的にもまあまあいい感じになったかなと思っております。

9月は、いよいよ雁坂峠越え秩父往還に初挑戦することとなるので、頑張って参りたいと思います。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

無料ブログはココログ