カテゴリー「ボランティア」の17件の記事

2016年3月18日 (金)

横浜マラソン2016応援よさこい

先日の日曜日、3月13日、昨年に引き続き、横浜マラソン2016の第12給水ポイントで行われた、よさこい演舞による応援パフォーマンス会場にて、マラソン選手の応援に参加させて頂きました。



今回の応援会場は、第8関門の手前でもあったのですが、関門時間前後では、諦めずに懸命に前に進む選手達、関門閉鎖後も最後まで走り続ける選手達の姿に、感動を頂きました。
また、このような方々の姿を目にし、自分も人の心を動かすような走りができるようになりたいなと感じました。

2015年6月10日 (水)

自転車交通安全ビデオ「停止線の歌 feat. 初音ミク」制作

本日、赤信号で停止線で止まることを啓発するための自転車交通安全ビデオ「『赤信号なら停止線で待っていてねう』の歌 feat. 初音ミク V0.10」を作成し、YouTubeにアップしました。

赤信号は、「停止位置(通常は停止線)を超えて進行してはならない」ことを意味します。
よく、赤信号なのに停止線を超えて、さらに横断歩道まで超えちゃって先に進んじゃう自転車を見かけますが、これは信号無視に該当するのみならず、他人に危険や迷惑を及ぼす行為でもありますので、青信号になるまで停止線で待って頂ければと思います。

また近年は、自転車の信号無視に対しても厳正な処理がなされる傾向にあり、摘発(赤切符)や起訴なども行われております。
信号を含め交通ルールは、「違反すると捕まるから」という理由で守るものではありませんが、自転車も違反には厳しい目が向けられている現状についても、併せてご認識頂ければと思います。

ちなみに今回のこの作品、実は3年半ほど前に制作した同名の作品の歌を、初音ミクが歌うバージョンに差し替えただけ(笑)というものでございます・・・。。

2015年3月16日 (月)

横浜マラソン2015応援よさこい

昨日は、横浜マラソン2015の第15給水ポイントで行われた、よさこい演舞による応援パフォーマンス会場に行ってきました。





マラソン大会には、いつもはランナーの立場でばっかり出ており、応援する側として参加したのは今回が初めてなのですが、これがまた大変楽しく、今後もこういった機会があったら、積極的に参加していきたいなと思いました。

2014年12月 3日 (水)

公益法人の立入検査を受ける

昨日、ボランティアで代表理事を務めさせて頂いております公益社団法人にて、内閣府公益認定等委員会事務局からの立入検査を受けました。

この立入検査は、法令に基づき、管轄の行政庁が公益法人の実態を把握するために、概ね3年ごとに行うこととされているものなのですが、当法人は、公益認定から4年半くらい経過したタイミングで初の検査を受けることとなりました。
検査の結果、内閣府への報告書類の様式の指示など細かい指導が少々あった程度で、特に大きな問題はございませんでした。無事に検査が完了して何よりでございます。

ここで、立入検査において確認を受けた事項などを、次にご紹介いたします。
公益法人の運営に携わっていいらっしゃる方の参考になれば幸いでございます。

  • 議事録の確認
    特に役員選任、事業報告・計算書類の承認
  • 帳簿類の確認
    仕訳帳、現金出納帳、総勘定元帳、預金通帳など
  • 領収証等の確認
    大きな取引における領収証書、通帳におけるお金の動きの確認など
  • 備え置き書類の保管等状況
    定款、事業報告・計算書類など
  • 事業の実施状況に関する聞き取り
  • その他、法人運営に関する全般的な聞き取り

ところで、公益法人の皆様の所には、業者から「立入検査事前対策をしてあげますよー」みたいなダイレクトメールがよく来るのではないかと思います。
しかしながら、今回検査を受けた経験から、平素から次の5点を当たり前のように行っていれば、業者に高いカネを払って特別な対策をする必要などないだろうと感じました。

  1. 社員総会議事録(公益社団法人)、評議員会議事録(公益財団法人)、理事会議事録を作成する。
  2. 仕訳帳等の帳簿への記帳を行う。
  3. 書類やファイルは、スムーズに取り出せるように保管・管理する。
  4. 代表理事や業務執行理事は、法人運営や事業運営の状況を把握する。
  5. 公益目的保有財産の状況を把握しておく。

また、何か不備な点があったとしても、いきなりそれで一発アウト(公益認定取消)となるわけではなく、どのように改善したら良いかなどアドバイスをもらえますので、あまり臆する必要はありません。
書類の状況の確認など多少の準備は必要でしょうが、変に身構えたり取り繕ったりなどせず、現状を確認してもらい改善点を指摘・指導してもらう良い機会ととらえて頂き、「ありのままで」検査を受けられるのが良いのではないかと思います。

なお、つい先ほど「業者に高いカネを払って・・・」などと申したばかりで何ですが、当事務所でも立入検査対策に関し何らかのお手伝いができるかと思いますので・・・必要であればご用命頂ければまことに幸いでございます。

2014年11月30日 (日)

八王子いちょう祭りにて司会をする

少々前のこととなりますが、去る11月15日(土)から16日(日)にかけて行われました八王子いちょう祭りにて、お祭り広場の司会をさせて頂きました。

・・・本当は今回は、参道でのよさこい演舞(流し踊り)で「手押し地方車」(!)を押す程度のお手伝いのはずだったのですが、当日いきなり実行委員会の方から「司会やって♪」と言われて、急遽司会を行うこととなりました次第です。

ちなみに、手押し地方車は、こんな感じのものです(笑)。

急なことでしたので、拙い司会になってしまったと思うのですが、踊り子の皆さんには楽しく踊り会場を盛り上げて頂きまして、何とかそれなりのものになったかなと思います。

踊り子の皆さん、見物にいらした皆さん、スタッフの皆さん、まことにありがとうございました。

2014年10月30日 (木)

自転車交通安全ビデオ「歩道の“自転車レーン”は歩行者がいなくても『徐行』!」制作

本日、いわゆる「歩道の自転車レーン」における徐行通行を啓発するための自転車交通安全ビデオ「歩道の“自転車レーン”は歩行者がいなくても『徐行』!」を、YouTubeにアップしました。

近年、歩道に自転車マークの看板等を設置する、「自転車レーン整備」などと称する道路整備が、随所で行われておりますが、これは法律上は単なる歩道に過ぎません。

(関連記事)
>> [交通安全ビデオ撮影] 歩道の自転車レーン、実は法律上は・・・

法律の内容については上記の関連記事に書いておりますが、このような自転車レーンっぽい表示に惑わされることなく、ルールに従った適切な運転して頂ければ幸いでございます。

2014年9月24日 (水)

[交通安全ビデオ撮影] 歩道の自転車レーン、実は法律上は・・・

もう10日くらいも前のことで恐縮ですが、俗にいう「歩道の自転車レーン」の通行方法をテーマにした自転車交通安全ビデオの撮影を行ってきました。

近年、ここ東京都では、歩道に自転車マークの看板等を設置する、「自転車レーン整備」などと称する道路整備が、随所で行われております。

しかし、この歩道に設けられた自転車レーン、実は法律上は・・・

単なる(自転車通行可の)歩道に過ぎません!

単なる歩道にすぎませんので、ここを通る自転車は・・・

  • 歩行者がいようがいまいが、
  • 歩道の中央から車道寄りの部分を、
  • 必ず徐行しなければなりません。

もし、車道寄りでない部分を通ったり、徐行を超えるスピードで走ったりしたら、歩行者がいようがいまいが、道路交通法第63条の4第2項違反で、「2万円以下の罰金又は科料」の対象となります。
「自転車レーン」などという言葉に惑わされ、自転車道のように通ってしまうと、罰則対象となってしまいますので、十分にご注意ください。

また、「自転車レーン」と称しつつも、単なる歩道に過ぎませんので、その部分を歩行者が通っても全くOKです。

それと、「自転車レーン」と称しつつも、自転車道ではなく、(しつこくてまことに恐縮ですが)単なる歩道に過ぎませんので、道路交通法の原則通りに車道を通っても全くOKです。

・・・というわけで、何だか一般市民を惑わすだけのような気もしなくもないこの「自転車レーン」と称するもの、ここを通る際は、「単なる歩道に過ぎません」ということを思い出し、歩行者の保護・優先に努めて頂ければ幸いでございます。

2014年6月29日 (日)

公益社団法人の事業計画提出手続き

先ほど、ボランティアで代表理事として携わっている公益社団法人の、次年度の事業計画の提出手続を行いました。

公益法人(公益社団法人・公益財団法人)は、次期の事業年度が始まる前日までに、当該事業年度の事業計画を提出しなければなりません。
書類のボリュームは、事業計画書、収支予算書、理事会議事録程度なのですが、収支予算書ではけっこう細かく金額を計上しなければならず、また今期末における正味財産額の見込みを把握しておかなければならないので、仮決算も要することとなり、ちょっと大変です。

あと、私の携わる法人のような超低予算の公益法人ですと、計画策定に当たっては、公益目的事業に係る経常費用と遊休財産額保有制限との兼ね合いも気にしなければならないので、そういった点でも少々気を使います。

そんなこんなで、公益法人の事業計画・収支予算の策定は、事業報告ほどではないにしてもそれなりに面倒なものがございます。
ただ、予算書にきちんとした数字を出しておけば、公益認定基準に適った運営にも資することとなると感じておりますので、手を抜かずにしっかりと作り込むように努めておるところでございます。

2014年6月 1日 (日)

自転車交通安全ビデオ「手信号の歌 feat. 初音ミク」制作

本日、自転車での進路変更時の手信号(進路変更の合図)を啓発するための自転車交通安全ビデオ「『自転車で追い越すときは手信号を出しましょう』の歌 feat. 初音ミク V0.10」を作成し、YouTubeにアップしました。

この作品は、元々は3年前に交通安全ビデオの記念すべき第一弾として制作した「手信号の歌(通称)」を、タイトルのとおりボーカロイドソフト「初音ミク」に歌わせてみたものでございます。
ボーカロイドを使うのは初めてなもので、あまり自然な感じに歌わせることができませんでしたが、視聴して頂ければ幸いでございます。

なお、この「手信号の歌」、元祖作品のほかに、八王子のローカルヒーロー・ゲンキダーJに歌ってもらったバージョンも存在します。
併せてご覧頂ければ、まことにまことに幸いでございます。

2014年4月 5日 (土)

老人ホーム観桜会で旗を振る

本日は、特別養護老人ホーム第2サンシャインビラ観桜会にて、お付き合いのあるよさこいチームが演舞を披露されるということで、お手伝いで旗振りをしてきました。

ステージが小さかったため、踊り子の皆さんはステージ下で踊ったのですが、なぜか私は一人ステージ上で旗を振ることに(笑)。
桜満開の中、ステージをめいいっぱい使い、思う存分振らせて頂き、何とも気持ちの良い思いをさせて頂いた1日でございました。

無料ブログはココログ