カテゴリー「マラソン(フル以下)」の8件の記事

2016年3月18日 (金)

横浜マラソン2016応援よさこい

先日の日曜日、3月13日、昨年に引き続き、横浜マラソン2016の第12給水ポイントで行われた、よさこい演舞による応援パフォーマンス会場にて、マラソン選手の応援に参加させて頂きました。



今回の応援会場は、第8関門の手前でもあったのですが、関門時間前後では、諦めずに懸命に前に進む選手達、関門閉鎖後も最後まで走り続ける選手達の姿に、感動を頂きました。
また、このような方々の姿を目にし、自分も人の心を動かすような走りができるようになりたいなと感じました。

2016年1月25日 (月)

湘南藤沢マラソン、50数キロ自走して参加

昨日は、お付き合い頂いている会社さんが毎年開催されているマラソン新年会(マラソン大会に出場し、その後打ち上げを行うという新年会)に今年もご招待頂き、湘南藤沢市民マラソン10マイル(16km)の部に参加したのですが、せっかく(?)スタート地点の江ノ島まで50キロ以上もあるので、ついでに小江戸大江戸200kに向けた練習(夜間・徹夜・寒中・長距離走)も行ってみようかと、スタート会場まで走って行くことといたしました。

まずは、キロ9分ペースでもスタートに間に合うよう、午前0時に自宅を出発。
この日は、記録的大寒波に襲われるとのことでしたが、自身の耐寒能力の確認のため、特別な防寒対策はせず、長袖下着+Tシャツ+ライトシェルジャケット(リンク先amazon)という、超長距離イベントにおけるいつもの装備でスタートしました・・・が、1kmも進まないうちにかなり暑くなり、ライトシェルジャケットはすぐに脱ぐこととなりました。
長袖下着+Tシャツのみだと、体の表面が少々冷たく感じるものの、歩きでも何でも動いてさえいれば寒い思いをすることはありませんでした。走っている間は、むしろ冷たさが心地よく感じたり。
ただ、30数キロ進んだあたりでお腹がすいてきて、コンビニに寄ってスパゲティを買い、店の前で食べていたのですが、食べているうちに急に体が冷えてきて、凍えそうになりました。
さすがは大寒波襲来日、ある程度の時間停止してしまうと、やはりこの程度の装備では寒さに耐えきれないようです(笑)。

そんなこんなで、午前7時頃に江ノ島に到着、手元のGPS時計でおよそ54km踏破。
だいたいいつもですと、これくらいの距離で「もう1歩も足を進めたくない」状態になるのですが、今回は多少の疲労感がある程度で、まだまだ大丈夫そうです。
うむ、強くなったものだ(と自画自賛)。

ところで、このマラソン新年会、「前回のタイムを更新しないと罰金(打上代自腹)」というルールがあるのですが、私の前回記録は1時間54分25秒、罰金を避けるためには、キロ7分ちょっとのペースで走る必要があります。
いつもですと、50km超えた後は、キロ8分くらいを目標に走るので、正直言ってこのペースで16kmを走り続ける自信はありません。
しかし、いざスタートしてみると、ちょっとゆっくり目を意識してもキロ7分弱で余裕で走れるではないですか。うむ、強くなったものだ(と再び自画自賛)。

4kmほど進んだ所で、目標タイムに対し2分ほどの余裕ができたので、トイレに寄ったところ、トイレ渋滞ができており、ここでかなりのタイムロスをすることに。
そこで、ここまではゆっくりペースを意識して走ってきたのですが、ここから先は「気持ちよく走れるペース」で進んで、徐々にロス挽回を図ることにしてみました。
すると、おお何と、キロ6分前後(=私にとっての普段のジョギングペース)で走れるではありませんか。うむ、強くなったものだ(と(以下略))。

ただ、このマラソン新年会、ただ速く走れば良いというものでもありません。
あまりに大幅にタイムを更新してしまうと、翌年以降の罰金のリスクが高まることになります。
前回記録をギリギリ上回るタイムでゴールというのが理想になります。
そのため、10kmを超えたあたりから、再びゆっくりペースに戻し、湘南の風景を堪能しながらノンビリと進むことにします。
そして、ゴール直前では時計とにらめっこしながら(笑)進み、1時間54分5秒(20秒更新)にてゴール! 本当はもうちょっとギリギリのタイムでゴールしたかったのですが、まずまずの結果かなと思います。

ゴールした後も、足にそれほどの疲労感はなく、まだまだ走れそうな気がしてなりません。
いつもですと、さすがに70km近くも走ると、もう地面に足を着けることすらイヤという状況になるのですが・・・うむ(以下略)。

そのようなわけで、小江戸大江戸200kに向け若干の自信をつけつつマラソンを堪能した一日でありました。

2015年3月16日 (月)

横浜マラソン2015応援よさこい

昨日は、横浜マラソン2015の第15給水ポイントで行われた、よさこい演舞による応援パフォーマンス会場に行ってきました。





マラソン大会には、いつもはランナーの立場でばっかり出ており、応援する側として参加したのは今回が初めてなのですが、これがまた大変楽しく、今後もこういった機会があったら、積極的に参加していきたいなと思いました。

2014年10月14日 (火)

2週間サボった後のフルマラソン

先日の日曜日、10月12日に、第11回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ42.195kmに出場してきました。
実は、先日秋田100キロマラソンに出場してからの2週間、走る練習をずっとサボっておりましたもので、久々の運動がフルマラソンという、何ともはやという状況での出場となりました。

このマラソン、去年出場した際の記事にも書きましたとおり、約35km地点までずっと上り続けるというコースになっているのですが、スタートしてすぐ、上り坂は容赦なく現れ始めます。
で、何だか体が重いです。足がなかなか前に進みません。
どうも、2週間サボっていたツケが、早くも生じてきたようです。
・・・実は当初、今回も昨年並みの5時間以内完走を密かに企てていたのですが、スタートして10分もしない早々に「完走これすなわち勝利!」と目標を立て直すことに致しました。
そうしているうちに、上り坂は激坂へと斜度を増していきますが、目標を完走一本に絞ったからには、激坂も何のその、戦略的徒歩進行(!)を交えつつ、ゆっくりと、そしてじっくりと、進んで参ります。
歩きだろうが何だろうが、足を一歩進めればゴールが一歩分近づいてきてくれるのです。

そんな感じで、走ったり歩いたりしながらのんびり進んでおったのですが、25kmくらいを過ぎたあたりで、急にお腹の調子が悪くなって、猛烈に催すようになってきました。
こんなこともあろうかと持ってきておいた正露丸を飲むのですが、なかなか効いてきてくれません。
かくして、5kmほど先にある公衆トイレまで、ひたすらガマンをしながら歩く、時に立ち止まって大きな波をやり過ごすを繰り返しながら進むこととなります。

そして、ようやくトイレが近づいてきたころ、正露丸が効き始め、催していたものも小康状態となったのですが、こんなタイミングで効かれても・・・とりあえず、この先どうなるか分からないので、出せるうちに出すことと致しました。


30km地点

出すべきものをしかるべく出したところで、我慢に我慢を重ねた分の鬱憤を晴らすべく、心機一転、軽快に走り始めます。
・・・が、すぐに足が重くなり始め、かくして、再び戦略的徒歩進行を交えつつ進むこととなります。
こんな感じでだらだらと進み、そしてついに・・・「ついに」というよりも「何となく」という感じで(笑)・・・ゴール!


5時間36分!

うーん、やはりけっこう時間がかかってしまいました(汗)。
まあでも、一日のんびりと大自然を満喫した上に、完走までできたので、これはこれで大満足でございます。

2014年9月25日 (木)

東京マラソンの抽選結果

先般、東京マラソンにダメモトでエントリーしてみまして、本日その結果が参りました。


落選!

・・・うーん、残念!
その翌週に行われる小江戸大江戸200kを目指して頑張りたいと思います。

2014年1月27日 (月)

湘南藤沢市民マラソンで新年会

昨日は、お付き合い頂いている会社さんからお誘いを頂き、新年会を兼ねての湘南藤沢市民マラソン10マイル(16km)の部に出場してきました。
ちなみにこの会社さんの新年会、マラソン大会が必ずセットになっており、規定のタイムで走り切れなかった場合には、罰金(!)として飲み代が自腹(笑)となるというもので、毎年楽しみにさせて頂いております。

また今回は、当事務所マネージャーもエントリーさせて頂き、マラソンに初チャレンジすることになりました。
・・・が、マネージャーはジョギング歴わずか2か月、普段のジョギングはキロ8分ペースが精一杯、10km以上走るのなんてとても無理!な状態でして、時間内完走はちょっと難しいかなと感じておりました。
そこで今回私は、マネージャーの時間内完走を成功させ(そして罰金を避け)るべく、ひたすらサポートランナーに徹することに致しました。
しかし、いざ本番になってみたら、キロ7分前後という普段より速いペースを保ったまま、最後まで失速することなく淡々と走るではないですか。
結果、制限時間に15分以上も余裕を残して、無事に罰金なし完走をすることができました・・・いやはや、ちょっと心配しすぎだったようです。

あと今回、私自身は、どうせゆっくり走ることとなるんだからと、日々の課外活動でのジョギングと同様、リュックに2kgの重りを入れて走ってみました。
重りを背負って走ることにもかなり慣れてきたので、あまり負担には感じませんでしたが、途中トイレに寄った際には、マネージャーに追いつくまで1kmほど猛ダッシュすることとなり(と言ってもキロ5分程度ですが)、これはかなりきつかったです(笑)。

2013年12月16日 (月)

京王アニバーサリー駅伝に出場

昨日は、味の素スタジアムで行われた「京王アニバーサリーチャリティ駅伝 in 味スタ」の、12.2km駅伝(ファンラン)の部に出場してきました。


味の素スタジアム


味の素スタジアムの中


開会式に登場したゆるキャラ達
当地八王子は高尾山の公認キャラ「むっちゃん」も登場!

今回私は、伴走のような立場で出場致しまして、伴走相手のペースに合わせて、だいたいキロ7分半〜8分くらいのゆったりペースで走らせて頂きました。
天候にも恵まれ、大変気持ち良く走ることができ、何よりでございました。

2013年10月14日 (月)

奥武蔵グリーンライン・リベンジ

昨日は、奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195kmというマラソン大会に出場してきました。
このマラソン大会は、奥武蔵グリーンラインと呼ばれる林道を使ったフルマラソンなのですが、スタートから約35kmまでは、最大標高地点までアップダウンを繰り返しながらずっと上り続けるという、なかなか過酷なコースとなっております。
聞くところによりますと、最大斜度17%、獲得標高800m、累積標高差は2,300mにもなるそうです。


コース図(開催要項から引用)

このマラソン大会に初めて出たのは去年のことで、私にとってのフルマラソンのデビュー戦でもありました。
そのときは、25kmあたりから膝が痛み始め、30kmあたりからはついに走るどころか歩くことすら容易ではない状態になりまして、痛みをこらえながらとぼとぼと進み、這々の体でゴールするといった有様でございました。(タイムは6時間35分01秒でした。)
一応、制限時間内にゴールできましたので、完走ということにはなるのですが・・・しかしこんなことでは満足できない、来年こそはきっちり完走してやるとリベンジを誓ったものでございました。

そして昨日、ついにその「来年こそは」がやって参りました。
今回は、リベンジを果たすため、次のことを目標に走りました。

  • エイドステーションとトイレ以外では歩かない、止まらない
  • 5時間以内にゴールする

そして、途中で昨年のような膝の痛みが出てきたり、加えて秋田100キロマラソンのときのようなふくらはぎがつりそうな症状が出てきたりしたのですが、走れないほどにはならず、無事に歩きなしでゴールすることができました。
タイムも、4時間58分05秒と目標の5時間を切るもので、個人的には大満足の出来、見事リベンジを果たすことができた言ってもまあいいかなと、そう思っております。


完走証です。

以下、コースのご紹介など・・・

プチ・トレイルランコースの折り返し地点

第5エイドステーション付近

最終エイドステーションで頂いたうどん
(この大会は、エイドステーションの飲み物、食べ物が充実してて、それがまた楽しいところです。)
Temp12

無料ブログはココログ